MUZICA(ムジカ)ホームへ戻る楽器カテゴリーから選ぶ楽器メーカー・ブランドから選ぶMUZICA(ムジカ):ご利用はじめての方MUZICA(ムジカ):カートを確認する
トップページ > エフェクター > MOOG(モーグ) > CP-251 Control Processor
 
MOOG(モーグ) MOOG(モーグ)
 
商品名 CP-251 Control Processor
 
定価 ¥52,500(税込)
 
販売価格 ¥42,000(税込)
 

コメント
 

CP251はモーガーフォーガー・シリーズ、ミニモーグボイジャーやその他のボルテージコントロールド・アナログシンセ機器同士をお互いに接続し、モジュレーションやパッチング、ミキシングを行うためのモジュールです。

CP-251は2波形のLFOとノイズジェネレーター、サンプルアンドホールド、2アッテネーター、ラグプロセッサー(グライド)、CVミキサー、4Wayマルチ(パッチ)を備えています。これらによりモジュレーションやミックス、アマウント調節、CVの配分などが可能になり、アナログエフェクト/シンセの音作りにバラエティを与えることができます。

シンセの信号には2種類があります。1つは音声信号、それは実際にあなたが聞くサウンドそのものです。もう1つはコントロール信号、それはサウンドに変化をつけたり調節したりする見えない手の様なものです。CP-251は主にコントロール信号を扱うためのモジュールです。


スペック
 
4入力ミキサー 複数のコントロール信号をミックスして複雑な効果を作り出します。
ラグプロセッサー コントロール信号の急な変化を遅くします。グライドなどの効果を作り出します。
低周波発振機
(LFO)
1秒に5から50回程度の繰り返し波形を作り出します。モーガーフォーガーのコントロールでモジュレーションに使用しますが、このLFO自体も電圧制御のため、LFOの繰り返し周波数をコントロールすることもできます。
2アッテネーター 内部外部を問わず1つのコントロールの出力レベルを下げるために使用します。
4Wayマルチ
(パッチ)
1つのコントロールを3つに分配できます。
ノイズソース ノイズ源です。コントロールにもオーディオにも使用できます。オーディオではテレビやラジオの無放送時の音の様で、波の音や風の音の元になります。
サンプルアンド
ホールド
LFOのタイミングにしたがって、入力された連続する信号をステップに分解します。また2つめの出力はステップに分解された信号が滑らかになって出力されます。

前のページへ戻る このページの先頭へ
 
会社概要利用規約免責事項プライバシーポリシーご利用環境について特定商取引法に基づく通販の表記
copylight 2006(c)MUZICA ALL RIGHT RESERVED.