MUZICA(ムジカ)ホームへ戻る楽器カテゴリーから選ぶ楽器メーカー・ブランドから選ぶMUZICA(ムジカ):ご利用はじめての方MUZICA(ムジカ):カートを確認する
トップページ > エフェクター > MOOG(モーグ) > Ring Mod MF-102
 
MOOG(モーグ) MOOG(モーグ)
 
商品名 Ring Mod MF-102
 
定価 ¥46,200(税込)
 
販売価格 ¥36,960(税込)
 

コメント
 

MF-102 リングモジュレーター

MF-102 Ring Modulaotorは、オリジナルモーグモジュラーシンセサイザー、プロフェッショナルラックエフェクターの伝統を引き継ぐものです。リングモジュレーター、ボルテージコントロール・キャリアーオシレーター、ボルテージコントロール・LFOの3つのモジュラー機能を搭載。ラインレベルでもインスツルメントレベルでも対応できます。

リングモジュレーターは、入力オーディオ信号とキャリアーオシレーターを加算、減算した周波数を発生させます。また、LFOはキャリアーオシレーターを変調します。これにより、独特のトレモロや倍音を多く含むディストーション効果を作り出し、ゴングのような音、金属的な音、爆発音、あるいはとても奇妙な音などを得ることができます。

リングモジュレーターで、例えば入力が100HZのサイン波で、キャリアーが500Hzのサイン波だとすると、出力にはそれを加減算した400Hzと600Hzの信号が発生します。そこには入力信号とキャリアーの周波数は出てきません。このような現象によりリングモジュレーターでは非常に複雑なエフェクト音を得ることができるのです。

パネルのコントロール、FREQUENCY、MIX、LFOのRATE、AMOUNTのパラメーターは、エクスプレッションペダルまたは外部コントロールボルテージでもコントロール可能です。


スペック
 
FREQUENCY
ツマミ
キャリアーオシレーターの周波数を6オクターブに渡って調整
LFORATE
ツマミ
LFOの周波数を0.1 Hz から 25 Hzまで設定
LFO AMOUNT
ツマミ
キャリアーオシレーターをLFOで変調する量を調節
MIXツマミ リングモジュレーターのエフェクト音と原音のミックスバランスを調節
DRIVEツマミ リングモジュレーターに入力する信号レベルを調節
SQUARE-SINEスイッチ LFOの出力波形を選択
LO-HIスイッチ キャリアーオシレーターのレンジをLO (2 Hz 〜 130 Hz)とHI (60 Hz 〜 4,000 Hz)から選択
LEVELランプ
(3色)
DRIVEで設定された信号レベルを表示
LFOランプ LFOのレートを点滅表示するLED
BYPASSランプ(2色) エフェクトオン/バイパスの切り替えを表示するLED
ON/BYPASSスイッチ 押す毎にエフェクトオン/バイパスを切り替え
AUDIO IN 1/4"ジャック -16dBmから+4 dbmまでのオーディオ信号を入力できます。
AUDIO OUT 1/4"ジャック -4 dBm/ノーミナルのオーディオ信号出力。
FREQUENCY, RATE, LFO AMOUNT, MIXの各 1/4"ジャック MoogerFooger EP1(または同等品)エクスプレッションペダル、または外部ボルテージコントロール信号を接続できます。
AUX AUDIO IN 1/4"ジャック キャリアーオシレーターの替わりに外部信号を入力できます。
LFO OUT 1/4"ジャック 内蔵LFOの出力。外部の変調信号として使用できます。
CARRIER OUT 1/4"ジャック キャリアーオシレーターの出力。外部機器で信号として使用できます。
+9V POWER INPUTジャック MoogerFooger用ACアダプター(9V)を接続します。
CASE ブラックシャーシと木製サイドパネル
外形 23 x 15 x 6.5 cm
本体重量 0.9Kg
電源 MogerFoger ACアダプター
(AC100V入力DC9V出力)

前のページへ戻る このページの先頭へ
 
会社概要利用規約免責事項プライバシーポリシーご利用環境について特定商取引法に基づく通販の表記
copylight 2006(c)MUZICA ALL RIGHT RESERVED.